誰もが留学する時代

留学は、海外へ出て、現地の学校で勉強をすることをいいます。

帰国子女でなければ、海外で生きた言語や文化を身に着けようとすると、物心ついてから海外へ出かけて、ゼロから留学体験をすることになります。

今までとは違う未知の世界に飛び込むのですから、気持ちはあっても中々踏み出せないという方もいるでしょう。

そういう方はエージェント(WISH(ウィッシュ))に依頼する事をおすすめします。

留学は手続きも幾つかありますのでそうした事務的なことも含め、専門の業者に依頼する事で安心して留学する事ができるのです。

今では留学にも色々な形が出来ており、高校で留学をする人の多くは、現地での大学進学を狙っていますし、大学で留学しようとすると、最初の1年程度は語学学校で英語を身に着ける必要があるという人も少なくないでしょう。

短期語学留学には、現地のスクールと日本国内の高校などで、短期に生徒が参加しやすいプログラムを作って、盛んに生徒を送り込んでいるところもあります。

日本の高校や大学は海外の学校と提携をして、短期留学に関しては、帰国後に学校内で単位として認めて、卒業が遅れないように考慮してもらえるケースもあります。

私立校にこうした制度が増加中です。

国際科などを新設する際には、イギリス、オーストラリア、アメリカの提携校を増やし、行事やイベントとして留学に行ってこれるように、計画されていることも増えています。

Welcome , today is 土曜日, 2014年10月25日